リモートログインする

インターネット環境でリモートログインする

概要

リモートから直接、各装置のWebUIやCLIにアクセスすることができる機能です。
ボタンを押したユーザーのIPアドレスと指定したIPアドレスの通信を一定時間許可します。
インターネットからの通信をIX/WA/AGシリーズで受け、各装置に転送することで実現します。
対象装置で、あらかじめHTTPS/SSHでログインが可能な状態に設定されている必要があります。

注意

  • グループ内のいずれかの装置に対して、インターネットから直接アクセスできる必要があります。
    • プライベートアドレスが払い出される回線では利用できません。
    • 通信経路上でファイアウォールやフィルタなど、通信制限がある場合には利用できません。
  • 利用者側の環境がプロキシやファイアウォールを利用している場合、設定によっては利用できません。
  • SSHで接続する場合、SSHクライアントソフトが必要になります。

対象装置

対応機能一覧 の以下の項目をご参照ください。
  • HTTPSでリモートログインする
  • SSHでリモートログインする
  • アクセスポートの開放

注意

  • 以下の機能を利用する場合は、アクセス先のIX/WA/AGシリーズで、対応しているファームウェアをご利用ください。
    • リモートログインの手動終了
    • アクセス元IPアドレスグループ設定

注意

  • 以下の装置で本機能をご利用の際は、ポート番号はデフォルトのままご利用ください。
    • NA1500A
    • Aspire WX
    • QXシリーズ

操作

ヒント

  • リモートログインする際には、編集モードにする必要があります。
  1. リモートログインしたい装置の 装置詳細画面 を開きます。
  2. 画面右側の詳細情報欄にある「リモートログイン」の項目のボタンを押します。
    WebUIを利用する場合は「HTTPS」を、CLIを利用する場合は「SSH」をクリックします
    remoteaccess
  3. 各種設定を入力します。
    入力後、「反映」ボタンを押します。
    remoteaccess_dialog1
    項目 説明
    有効時間
    ポートを開放する時間を設定します。
    設定できる時間は1分~120分です。
    アクセス元
    リモートログインを許可するアクセス元を指定します。
    利用中のユーザーのIPアドレスのみ許可したい場合は「利用中IPのみ許可」を選択します。
    利用中IPアドレスに加えて他のIPアドレスも許可したい場合は「アドレスグループも許可」を選択します。
    「アドレスグループも許可」を選択した場合、許可するアドレスグループを選択します。
    アドレスグループについては、 アクセス元IPアドレスグループを設定する をご参照ください。
    アクセス先
    中継先の設定をします。
    インターネットから直接アクセス可能な装置を選択してください。
    自動設定で選択されている装置と異なる装置でインターネットにアクセスしている場合は、手動設定を選択し、対象装置を選択してください。

    注意

    • 設定中に、装置再起動などで装置の IPアドレス が変わると動作しないため、ご注意ください。
  4. 設定が完了すると、対象装置にリモートログインするためのURLと許可中のIPアドレス、リモートログイン可能時刻が表示されます。
    「手動終了」ボタンを押すことで、即時にポート開放を終了できます。
    remoteaccess_dialog2

アクセス元IPアドレスグループを設定する

概要

リモートログインする際に指定するIPアドレスを登録します。
利用中のユーザー以外のIPアドレスも許可したい場合は、本設定が必要です。

ヒント

  • 固定のグローバルIPv4アドレスのみ利用可能です。
  • アドレスグループは10個まで追加できます。
  • IPアドレスは、1つのアドレスグループに5個まで登録できます。

操作

ヒント

  • アクセス元IPアドレスグループを設定する際には、編集モードにする必要があります。
  1. 左メニューの「設定」から設定画面を開きます。
  2. 「リモートログイン アクセス元IPアドレスグループ」の「確認/変更」ボタンを押します。
  3. 「追加」ボタンを押します。
    address_group_list1
  4. アドレスグループの名称とIPアドレスを入力します。IPアドレスは複数入力できます。
    入力後、「反映」ボタンを押します。
    これで、アクセス元IPアドレスグループの設定は完了です。
    address_group_add
  5. アクセス元IPアドレスグループを編集/削除する際には、 details を押します。
    address_group_list2
  6. 編集する場合は、各項目を編集して「反映」ボタンを押します。
    削除する場合は、「削除」ボタンを押します。
    address_group_details

閉域網でリモートログインする

概要

本機能は、閉域網内の管理者が装置にアクセスするために利用する機能です。
管理装置に対してNetMeisterを使わなくても閉域網経由でメンテナンスできる
特別な環境での利用を想定しています。
NetMeisterのリモートログイン機能で、グローバルIPアドレスではなく、
管理用のプライベートIPアドレスを表示することができます。

注意

  • 事前に、装置側で管理用IPアドレスの設定をする必要があります。
  • 本機能は装置にアクセスする管理用IPアドレスを通知するだけの機能です。
    ポート開放等は行いません。
  • SSHで接続する場合、SSHクライアントソフトが必要になります。

対象装置

対応機能一覧 の「閉域網でリモートログインする」をご参照ください。

操作

ヒント

  • リモートログインする際には、編集モードにする必要があります。
  1. リモートログインしたい装置の 詳細画面 を開きます。
  2. 画面右側の詳細情報欄にある「リモートログイン」の項目のボタンを押します。
    WebUIを利用する場合は「HTTPS」を、CLIを利用する場合は「SSH」を押します。
    management_network_login_hostdetails
  3. 「マネジメントネットワークログイン画面へ」を押します。
    management_network_login_select
  4. アクセス先のURLを表示します。
    このURLから装置にリモートログインできます。
    management_network_login_url