子機の接続状態を監視する

概要

親機に接続されている子機の接続状態を監視するよう設定します。
監視中の子機の接続が切れると、 メール通知 の設定に基づいてメールが送信されます。

注意

  • 装置のネットワークモニタ機能を利用しており、以下の制限があります。
    • IXシリーズ/RTUカードでは、本機能で監視設定できるインタフェースに制限があります。
      • デフォルトでは、最老番のデバイスに割り当てられているインタフェースに、監視対象が接続されている必要があります。
    • NetMeisterから設定したネットワークモニタのコンフィグを直接編集して変更した場合、動作保証できません。

注意

  • Pingによって監視を行うため、Pingに応答できるよう子機を設定する必要があります。
  • 監視周期は30秒です。
  • 子機のIPアドレスが変わった場合、設定を再度反映させる必要があります。
  • オフラインの子機を監視設定した場合、設定直後は監視状態がNGにならないため、オンラインと表示されます。
    しばらく待ってから更新ボタンを押して確認してください。

対象装置

対応機能一覧 の「子機の接続状態を監視する」をご参照ください。

操作

ヒント

  • 子機の監視設定を行う際には、編集モードにする必要があります。
  1. 子機が接続されている親機の 装置詳細画面 の「子機設定」タブを開きます。
  2. 監視したい子機の「監視状態」を有効 switch_on にして「反映」ボタンを押します。
    monitor_child_hosts_list
  3. 内容を確認して、問題がなければ「反映」ボタンを押します。
    monitor_child_hosts_confirm

ヒント

  • 子機を別の親機につなぎ変えた等によって、接続していない子機が一覧に残っている場合、
    「削除」にチェックを入れて反映することで一覧から削除できます。