デバイスの通信を遮断する

概要

装置と同一リンク内に接続している端末(装置やパソコンなどのデバイス)の通信を遮断します。

対象装置

対応機能一覧 の「デバイスの通信を遮断する」をご参照ください。

注意

  • IXシリーズ/RTUカード、WA/AGシリーズで本機能をご利用いただくためには、装置側で以下の設定が必要です。
    • 以下の機能を有効にしてください。
      • リンクマネージャ機能(IXシリーズ/RTUカード)
      • デバイスマップ機能(WA/AGシリーズ)
    • 接続状態確認のため、arp自動更新の機能も併用してください。
  • QXシリーズで本機能をご利用いただく際には、以下の内容にご注意ください。
    • グローバルviewでのQoS機能を使用しないでください。
    • 通信遮断操作にACLリソースを1つ消費します。ACLリソースの残量に注意してご利用下さい。
      • 通信許可操作にACLリソース消費はありません。

操作

ヒント

  • デバイスの通信遮断を行う際には、編集モードにする必要があります。
  1. デバイスが繋がっている装置の詳細画面から 「デバイスリスト」タブ を開きます。
  2. 遮断したいデバイスの「通信許可」を 許可 switch_on から 拒否 switch_off に変更して「保存」ボタンを押します。
    遮断中のデバイスを許可に戻すこともできます。
    control_device_connection_list
  3. 内容を確認して、問題がなければ「反映」ボタンを押します。
    control_device_connection_dialog

    注意

    デバイスの通信許可の変更後は、装置概要画面から装置の設定を保存してください。
    設定の保存については 設定を保存する をご参照ください。

ヒント

デバイスの通信遮断はデバイスマップからも実行できます。
デバイスマップの詳細は デバイスマップを見る をご参照ください。