デバイスマップを見る

概要

デバイスマップ機能は、拠点内のネットワークを可視化する(マップ表示する)機能です。
ご利用には、装置側でデバイスリストを表示する機能を有効化しておく必要があります。
ルータ等で構築するL3モードと、スイッチ等も含めて構築するL2モードがあります。

注意

  • L2モードは、拠点に接続されている全装置がL2モード対応で、かつ制御可能な状態の場合に選択可能です。

  • 初期表示で2階層までは自動で開きます。表示できる階層は、最大4階層に制限しています。

  • 冗長構成などで、同じ装置が何度も表示される場合があります。

  • IX/RTU および WA/AG 以外のL3装置(ルータやL3スイッチ)を接続した場合は、その装置から先の情報は収集できません。

  • L2モードでは、以下の動作制約があります。

    • IX/RTU および WA/AG の SW-HUB は LLDP を透過するため、装置を並列に接続すると、各装置間を繋ぐ線が表示されます。
      ポートVLAN を設定している場合は、物理配置に近い構成が表示できます。
    • タグVLAN を使用すると、下位装置に繋がっているデバイスが、上位装置に繋がっているように表示されます。

対象装置

対応機能一覧 のデバイスマップの項目をご参照ください。

注意

  • IXシリーズ/RTUカード、WA/AGシリーズで本機能をご利用いただくためには、装置側で以下の設定が必要です。
    • 以下の機能を有効にしてください。
      • リンクマネージャ機能(IXシリーズ/RTUカード)
      • デバイスマップ機能(WA/AGシリーズ)
    • 接続状態確認のため、arp自動更新の機能も併用してください。
  • QXシリーズで本機能のL2モードをご利用いただくためには、LLDP機能の有効化が必要です。

利用方法

ヒント

  • デバイスマップ機能を利用する際には、以下の設定が必要です。
    • 編集モードへの切り替え
    • 親機モードの装置の拠点情報の登録
  1. 拠点画面 を開いて、デバイスマップを表示したい拠点を選択します。
  2. デバイスマップの「開く」を押します。
    show_devicemap_site
  3. 初めて利用する際は、「今すぐはじめる」ボタンを押します。
    show_devicemap_start
  4. デバイスマップの起点となる装置を選択して「完了」ボタンを押します。
    show_devicemap_setting

操作

利用開始すると、以下のようにデバイスマップが表示されます。

show_devicemap_l3

項目 説明
デバイスマップ表示(L3モード)
ルータ等で構築するL3モードのデバイスマップです。

装置アイコンにマウスオーバーすると、接続状態やデバイス情報の最終取得日時が表示されます。
L3モード対象装置については、クリックすると次の階層を表示します。
対象ではない装置は、アイコンのみ表示します。
ドラッグ&ドロップでアイコンを上下に移動できます。

数字が書かれた丸は、接続されているデバイス数です。
L3モードでは、点線で繋がっている装置も含まれます。
表示できるのは、デバイスマップ対象装置のみです。
クリックすると対象のデバイスリストを表示します。通信許可設定も可能です。
検索 MACアドレスおよびIPアドレスによる装置・デバイス検索ができます。
現在の情報で再表示 最新の状態に更新できます。
変更 起点となる装置を変更できます。
L3/L2
L3モードとL2モードの切り替えができます。
L2モードに対応していない装置が拠点にある場合、このボタンは表示されません。

show_devicemap_l2

項目 説明
デバイスマップ表示(L2モード)
スイッチ等も含めて構築するL2モードのデバイスマップです。

L2モードでは、ドラッグ&ドロップでアイコンを上下左右に移動できます。

数字が書かれた丸は、接続されているデバイス数です。
L2モードでは、NetMeister管理装置は含まれません。